一陣の風

人気番組「プレバト」の毒舌先生こと俳人の夏井いつき先生のおかげで世は空前の俳句ブームだそうである。400字の「くさぐさ」が自分にぴったりの長さだと思っていた私も17音の魅力に取りつかれ、最近は歳時記も買って思いつくとノートに書き留める毎日である…

欲深し

6月に応募した「オール読物新人賞」の中間発表が出ている。 本土では21日発売だが沖縄ではまだ発売されていない。 箸にも棒にもかからないと自分で思っていたにもかかわらず落ち着かない。 せめて一次予選に通っていやしないか、奇跡的に二次に通っていると…

メダルなし

応募した一作目は落選。ぺらぺらの封書が届いた。 がっかりはしたけれど、まぁそうかな、と納得する部分もある。 自分では好きな作品なので冊子に仕上げて関係者各位に配ろうと思っている。 四作目も構想は出来ているので書き上げてまた何かの賞に送りたい。…

書く。

三つの短編を書き上げてそれぞれの応募先へ送る。 第一作の結果は来月わかる。 自分では好きな作品だけれど、第三者の評価は全くわからず、期待と落胆の谷間で揺れる。いい結果が出るといいなぁ。 二作目は締め切り間近に大慌てで書き上げて、全く自信が無い…

お父さんの負け

深い深い森の始まりの地で、9歳の少女トリシアの試合は開始された。ボストン・レッドソックスのリリーフ・ピッチャー、トム・ゴードンとの空想での会話だけを心の支えにして原野からの脱出を試みようとする9日間にわたる少女の決死の冒険を描いたスティーブ…

変わる人

時の流れと共に人生の登場人物はそれぞれの立ち位置を少しずつ変えて来る。 最近とみに感じるのは身内の人々の老いである。今まで自分が見上げていた人々が、いつの間にか庇護されるべき弱い部分を持つようになっている。 歩くのが遅くなり、好物だったもの…

自由になる

最近、小説を書いている。 私が初めて人に読ませるために小説を書いたのは18才の時で「小説ジュニア」という雑誌の新人賞に応募した「ふり向けば風」という70枚くらいの作品。 当時流行っていた布施明の「シクラメンのかほり」をテープで繰り返し聞きながら…

メッセージ

桜坂劇場で「メッセージ」を観た。 「グソーや雨垂いぬ下」あの世は雨垂れ、軒下ほどのそばにあるという意味だが、同じような言葉をクリスチャンだった母から聞いたことがある。 「死ぬということは襖を開けて隣の部屋に行くと同じこと」。 映画は沖縄戦の末…

世界の終りとハードボイルドワンダーランド

村上春樹様の小説で一番好きなのは「海辺のカフカ」だが、今書こうとしている自分の物語の栄養として、「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」を読み返した。何度読んでも傑作だし、春樹様は天才だと思う。 「意識の底の方には本人には感知できない核…

初対面の旧友

私が沖縄に移る時に、母校の恩師から「恩納村に20年前に移住した後輩がいるよ、連絡してみたら」と教えて頂いてから3年、本人と「ぜひ会いましょう」と言い合ってからもなんと1年が過ぎ、その間に恩師の急逝という事態にも見舞われたが、やっと彼女と恩納村…

猫を猫と呼ぶ

フランス語で "Appeler un chat un chat" 直訳すると猫を猫と呼ぶ。 ものを率直に言うことのたとえだ。先日亡くなった母は猫を猫としか呼べない質の人で、おそらく私もそのタイプだが、母の4歳上で今88才の伯母は少し違うように思う。この伯母とは数年前に私…

母との別れ

「神様私は罪びとです。自分で自分を救うことはできません。」そう言って23年前に洗礼を受けクリスチャンとなった母は、先日神のみもとへ安らかに旅立った。 私もまた罪びとで、人を憎む気持ちから逃れることができず、母の死を悲しむより先にそのことにとら…

11月7日

沖縄在住の作家・恒川恒太郎さんの作品に「秋の牢獄」という小説がある。何故かわからぬまま来る日も来る日も11月7日を繰り返すことになってしまった人々の話である。何やっても次の日の朝にはすべてがリセットされて11月7日がやって来る。ある人はおいしい…

ファミリーツリー

東京で一人暮らしをする83才の母が末期のガンとわかって1年になろうとしている。要介護の夫がいる私を気遣って、あなたは来なくていいからと言われ続けてきた。「ひとりでぽかーんとしているのが楽なの」という言葉の半分は本心だろうと思うくらいに自分にも…

素敵な桜坂

沖縄に移ってから恩恵を受けているのが那覇市の桜坂劇場だ。シネコンでは上映されない良質な映画を毎月提供してくれている。お気に入りの読書サイトで桜坂劇場の話をすると、原田マハさんの「風のマジム」を読んだ人から「桜坂劇場って実在するんですね!」…

沖縄生活3年目

要介護の夫と息子夫婦の住む沖縄に移って3年目になった。エアコンを入れたリビングからドアの外に出ると、蝉の声がにぎやかで青い中城湾に白い船が浮かぶのが見え、夏休みの旅行に来ているような気持ちになる。 私なりの沖縄ハイ&ロー。まずローから言うと…

ファーストネーム

介護保険を使う側になると、要介護者を中心に、主に世話をする役割の人とケアマネージャーや福祉用具の事業所やデイサービス・デイケアの施設スタッフ等で一つのチームを組むことになる。その場合、「ご主人」とか「奥さん」とかいった呼称は使われずファー…

ソウルメイト

「カフェ・ド・フロール」を観た。輪廻転生がテーマの話だ。1969年と2011年という短い期間で生まれ変わっていることがなんだか中途半端のような忙しないような落ち着かない気持ちにさせられるが、あのような断ち切られ方をされた三人なので魂の叫びが引き寄…

自由であること

瀬戸内寂聴さんが「人間の幸せとは自由であること」だとおっしゃっていて、その通りだと思う。人のせいにするのも忸怩たる思いはあるが、私は母の介入と夫の抑圧とで自由な人生を送ってこなかったという気持ちを抱えている。今は夫の介護という仕事があって…

二度目の恋を

桜坂劇場で「トレヴィの泉で二度目の恋を」を見た。こんなしゃれたラブストーリーが日本の風土で、まして後期高齢者間で起こるとは考えにくいが、私の父は昨年83歳で二度目の結婚をした。お互い長い間の一人暮らしを経ての同居なので、うまくいくのかと危ぶ…

2011年以降

なんとかかんとか数学の勉強を続けていこうと思っていたが2011年12月に夫が脳梗塞で倒れて重度の後遺症を残す身となり、そのまま数学からは遠のいている。夫が入院中にはヘルパー2級の勉強をして資格を取った。毎回テキストからのレポート提出もあり、それな…

数学個人授業11

この一週間雨が降ったり晴れて残暑が戻ったりで、問題集を一回も開かぬまま今日の授業へ(チャレンジャー)。 2sin^θ-5sinθ+2>0 sin をaに置き換えると 2a^-5a+2>0 (2a-1)(a-2)>0 a<1/2 2

数学個人授業10

cos120°+sin150°=? って何、どういうこと、何が聞きたいのかわからん、と言ったら先生は驚いた。 そんなこと考えてみたこともないので新鮮な疑問だと(笑)。 まぁ、これはただ単にsincosが理解出来ているかを確認しているだけだ、ということでしたが。 …

数学個人授業9

立秋とは、一年で最も暑い季節です。 年々気温が上昇傾向にある日本が心配です。 我が家はエアコンを使わない家なので、最近の暑さはなかなかのものであるが、それでも数学はちょこちょこと勉強している。 なんというか、脳に負荷をかけるのは気持ちいいのよ…

数学個人授業8

2011年 7月27日(水)放送「クローズアップ現代」より 大人がハマる“数学ブーム”の謎 大人の“数学ブーム”が続いている。 出版界では「語りかける中学数学」がこの5年間で10万部を突破。 高等数学の世界へ誘う「オイラーの贈物」、「ガロアの群論」 といった…

数学個人授業7

sin、cos、tan、懐かしい響き。しかし言葉は知っているけれど意味は知らなかった。 で、問題。 sin60°-cos60°分のsin30°の答は? 答だけ言うと、2分の√3+1 であります。 これだけじゃ不親切なんですが、テキストの表を画像に落しても上手く写らないのです…

数学個人授業6

7月の初めは沖縄に行く予定で、その前も何やかや忙しかったので、数学を一週間サボった。もちろん頭は退化した。 普段練習をしないで、いきなりピアノのレッスンに行ってしまう子供って感じですな。 関数f⒳=mx+6x+mー1 がすべての実数xに対して常に正の値を…

数学個人授業5

長さ40cmの針金を2ヶ所で折り曲げて、壁を利用して長方形を作る。 長方形の面積を最大にするには、針金をどのように折り曲げればよいか。 40cm? えーと、10cm×10cm、残り20cmでしょ。 な~んてすぐに答えてはなりませぬここは2次関数を利用して…

数学個人授業4

明日は数学の日、となってから、あたふたとノートを開く。 今のところ、拒否反応はない。 つまずく箇所は多々あるものの、解答を見ればなんとかついていける。 これだけのことしか習っていないのだから、これだけの知識で解決できるはず。 自分のホームペー…

数学個人授業3

2次方程式の解の公式。 なにそれ、初めて聞いたわ。 ax二乗+bx+c=0の解は、x=2a分のーbプラスマイナスルートb二乗ー4ac ふっう~~~~~ん(態度悪・・・) でも、それとは別に、たすきがけの法則っていうのは、ちょっと記憶の底をかする…

数学個人授業2

数学の得意な人に聞くと「数学は答が一つに決まっているところが好きだ」という返事が返ってくることが多いように思う。 確かに、教えられた通りの道順を辿っていくと、目的地に到達する。 でも今の私にはそこが目的地なのかどうかがよくわからない。 解答を…

数学個人授業1

私が数学と縁を切ってしまったのは中学1年だった・・・早い・・・ たくさん勉強して中学受験をして志望校に入れたというのに、何故かぱったりと勉強をしなくなった私。 今ならば、燃え尽き症候群とか言うのだろうが、自分ではそんな自覚も無く、ただただ「勉…

脳に負荷をかける

時々無性に脳みそを使いたくなる時がある。テキストを開いて勉強したくなるのだ。己の向き不向きを考慮しないで挙げてみると、気象学、生理学、経済学等に惹かれるものがある。机に向かって教科書を開きノートに書き写したりする作業を無性にしてみたくなる…

私の付加価値

「新聞とかとか雑誌によく女のエッセイストが身の回りのあれこれについて、読者の皆様よりは、ほんの少しだけ鋭い感性の光るエッセイを連載しているでしょ」と語るのは金井美恵子「お勝手太平記」の主人公アキコさんである。ぐさっときちゃいますよね的を得…

植物の力

一昨年広島から引っ越す時に連れて来たシクラメンとデンドロビウムの鉢は去年はどちらも蕾一つつけることがなかった。沖縄との気温の差になじめないのだろうと思ってずっと気にかけてきたのだが、今、それぞれ沢山の花を咲かせている。自然の適応力はすごい…

災害時に備えて

夫は脳梗塞の後遺症で右半身の麻痺と重い失語症という障害がある。高次脳機能障害もあり他人とコミュニケーションをとるのが難しいので災害時に避難しても避難所での生活はとうてい無理だと思う。幸い高台にある新築のマンションに住んでいるので外に避難す…

私のパソコン履歴

生まれて初めてパソコン(当時はマイコンといった)に触ったのは、新卒で勤めていた会社でワープロを使いこなせるようになってしばらくしてからだ。会社の近くでパソコンの講習会があり参加した。1とか2とかを使って何かのプログラムを作る作業だったが面…

マディソン郡の橋

TSUTAYATVで購入し、20年ぶりくらいに再鑑賞した。原作も読んだけれど、映画の方が良いと思う数少ない作品だ。主人公のフランチェスカよりも年上になった今見ると、田舎の暮らしの美しさと悲しさが映像と相俟ってしみじみと伝わって来る。以前に観た時は大い…

エドワード・ホッパー「朝の日ざし」

このブログは最終的に活字の本にすることを目的に書いているもので、本にする時の表紙に考えていたイメージがある。月の光に照らされた部屋のベッドで一人の女性が静かに腰かけ窓の外を見つめているというもの。その構図とほとんど同じ印象の絵を夫を連れて…

そして誰もいなくなった

父も母も生きている。何人かの叔父もたくさんの叔母も皆生きている。義理仲の親戚も多い。それでも今は私がトップだ。たくさんの問題が私の肩にかかり、選択し決定しなければならないことが多くある。誰も助けてくれない。誰にも相談出来ない。そうぼやいた…

ドアが開いてるよ

ふとしたことに触発されて過去の嫌な思い出がよみがえってしまうことがよくある。なかなか気持ちを切り替えられずにずるずる引きずってしまう性格だ。何かで読んだことがあるのだが、人間の脳は悪い思い出を強く残しておくものらしい。同じ失敗を繰り返させ…

私の行動範囲

住んでいる町の図書館。息子が住んでいる市の図書館。県立図書館。たまにブックオフ。たまにジュンク堂。桜坂劇場。これらをぐるぐる廻っている。 本は三度の飯より大事だけれど、読み返すということはなかなか無いので図書館本を大いに利用している。町の図…

思い出さない

本を読んでいてその中の文章に触発されて過去の思い出が蘇ることがよくある。私にはいいことはなかったのかと思いたくなるくらい、嫌な思い出ばかりがずるずるずるずる引き出されて来る。何かで読んだ記憶があるのだが、人は同じ過ちを犯さないために悪い記…

確定申告

40代後半は広島市内の税理士事務所で仕事をしていた。 年に一度の大仕事は3月の確定申告である。月次の集計がしっかりなされている事業所はともかく、領収書からしていい加減な年に一度だけのお付き合いのお客様は大騒動となる。締切が冷然と決っているので…

スイカ

東京駅記念スイカの申し込みが始まっている。 沖縄ではスイカは使えず、上京した際に使うスイカは持っているのだが、やはり買っておいたほうがいいような気持ちにかられて1枚申し込んだ。送料も手数料もJRが負担してくれるそうで有難いけれど、あの大混乱の…

朝ドラの再放送

BSでやっている朝ドラの再放送を楽しみにしている。 すべて展開を知っているのに何故か2度目の方が面白い。 当時はどこがいいのかわからなかった「ちりとてちん」が実に面白く思えるのは、当時から面白い面白いと言っていた母の年齢に近づいたということか。…

ヘッドライト・テールライト

「マッサン」の主題歌「麦の唄」を紅白でフルコーラス聞いて、やっぱり中島みゆきはすごいと思った方もおられると思うが、桜坂劇場で彼女の劇場版映画「縁会」が上映中だ。出口の見えない20代の暗い思いを抱えて部屋で聞いていたレコードから流れていた曲の…

華麗なる冒険

桜坂劇場で「100歳の華麗なる冒険」を見た。生きているということがそもそも華麗なる冒険なのかと少し肩の力が抜ける気がする映画だ。 私には今年84歳になる父親がいる。親が長生きすることは幸せで有難いこと、と心底言えるほど人生は単純でもなく、父には…

お弁当箱の中には

叔父が70代でまだ外に出て働いていた頃叔母が言ったことがある。 「叔父さんはね、お弁当箱を戻す時にいつもご馳走さまでした、美味しかったです、と言ってくれるのよ、何でもないお弁当なのに」 それを聞いた時に、そのお弁当箱の中には二人の愛が入ってい…

マダム・イン・オキナワ

病気をして色々なことが不自由になった夫と息子夫婦の住む沖縄に移って一年が経ち、日々の生活に慣れるうちに自分の内に燻り続けるようになった「何かが足りない」という思い。このまま何もしないでいいの?もしかしたらまだ30年も生きなくてはならないかも…