読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のパソコン履歴

 生まれて初めてパソコン(当時はマイコンといった)に触ったのは、新卒で勤めていた会社でワープロを使いこなせるようになってしばらくしてからだ。会社の近くでパソコンの講習会があり参加した。1とか2とかを使って何かのプログラムを作る作業だったが面白いと思った。すぐに妊娠出産をして社会から離れてしまったのでパソコンとは無縁の日々となった。

 その後パソコンフォーラムなどというものが登場して、いいなーいいなーと思っていたが実際にパソコンが手元にやって来たのは20世紀も終わりに近づいた頃だった。インターネットに初めて接続した時は嬉しかった。

 まず最初にインターネットから世界に出て行ったのは、女性だけのチャットルームでHNはぽんこだったがここは大人気の大所帯でそういう場所にはつきもののトラブル・内輪もめが発生し、閉鎖。その後に出会ったのがカテストと呼ばれた「家庭のストレス回収します」というサイトで私の人生を大きく変えるものとなった。そこでのHNはのばら。楽しくて楽しくて毎日朝から晩まで暇さえあればのぞいてはのめりこんでいた。当時私の子ども達はちょうど高校生になろうかという年齢で、これがもし幼児だったとしたら、私はネットにのめりこみ育児放棄する母親になっていたに違いない。大学受験を控えた高校生の子どもの動静や成績よりも私にはカテストでの交流の方が大事だったのである。

 そしてこの一世を風靡したサイトもその人気がゆえに閉鎖への道を辿ることになり、集っていた人々は解散を余儀なくされることとなった。しかしその前に私は自分のサイトを立ち上げていた。全くの素人だった私はプロのお兄さんに最初の設定を依頼し(2万円だった)その後はカテストで知り合いになった実力者達の力を借りてサイトの体裁を整えていったのであった。

 こうして2000年3月に開設された私のサイトに集まってくれたメンバーのうち、かなりの割合の人と未だ楽しくお付き合いをしている。小さかった子ども達は結婚したり就職したり、当時は影も形も無かった子どもはが学生になったりしている。機会があれば実際に会うこともあるし、会わないまま友達でいる人も何人もいる。数年前に執拗なスパム攻撃にさらされ元々のサイトは閉じてしまったが今も違う形でネット上の付き合いは続いている。以前と違ってサイト作りは格段に易しくなっているしブログも数多くあり本当にいい時代だと思う。

 現在もお付き合いしている10人ほどのメンバーは大切な友達であり、皆もそう思っていてくれるのが嬉しい。私が還暦を迎える年に、オフ会をしよう!というのが今の楽しみな展望である。