読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学個人授業1

私が数学と縁を切ってしまったのは中学1年だった・・・早い・・・
たくさん勉強して中学受験をして志望校に入れたというのに、何故かぱったりと勉強をしなくなった私。
今ならば、燃え尽き症候群とか言うのだろうが、自分ではそんな自覚も無く、ただただ「勉強をしない日々」をおくっていた。

それでも、国語や英語などはそれなりについていったのだが、他の教科、特に数学は全くのお手上げ状態と化していった。

高校受験がある学校なら、そんな状態で放置はされないと思うのだが、幸か不幸か大学の付属校であったため、私の状態は見て見ぬふりを自他共にされて、そのまま私は大人になってしまったのであ~る。

「数学」。私には憧れの二文字である。
「数学」の問題が解けるってどういう気分なんだろう?

そんな思いが高まってきたのは、仕事を辞めて時間が大幅に増えてからのことだった。

高校数学を教えてくれるカルチャーセンターなんぞ無い。
放送大学も「大学」だから「高校数学」は無い。
家庭教師? それはちょっと。

そんな時、検索をして見つけたHPに「大人の算数教室」という文字があったのだ。しかも我が家から至近距離である。
迷わずメールを送り、自分は算数ではなく「数学」をやり直したいのだという気持ちを伝えてみた。

するとすぐにお返事を頂き、なんとマンツーマンで数学を教えてくれることに話が展開したのである!
1回2時間で2500円。 

そんなわけで始まった私の遅まきながらの数学ライフ。
「数学最大のテーマ:2次関数」から勉強をしている。

今日はその3回目、自分のアタマの固さに舌をまくばかりだが(使い方が違うのはわかっている:笑)今のところ、なんとかついていっている。

周囲の人間誰にもこの話はしていない← 理解してもらえないと思うので
ため、ここで色々つぶやかせてもらおうと思う。(2011.6)